無機機能材料研究室 遠山グループ│日本大学理工学部 物質応用化学科

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 日本で豊富に産出されるカルシウム化合物として石灰(CaCO3)がありますが,これはわが国の最大の鉱物資源であり,日本独自の素材であるともいえます.このカルシウム塩はコンクリート,排ガス除去材,水質浄化材,生体材料などに用いられている環境調和型の材料であり,私たちの身近に存在する縁の下の力持ちです.
 一方,物質(化学式だけで示されるもの)が材料(人の役に立つもの)となるためには,物質の大きさ,形状,組成,表面構造などを制御してはじめて材料としてなります.このため,材料の合成の際に材料設計をすることは非常に重要であり,物質の大きさ,形状,変態などを制御する形態制御により新規材料を作り出すことが可能です.そこで,日本独特の資源であるカルシウム化合物の機能化を目的として,このカルシウム化合物の形態制御に着目し,研究を行っています.

研究室メンバーへの連絡
8月8日(月)~9日(火)に研究室中間発表会【箱根】を実施いたします. 8月25日(木)~26日(金)に実施されるイノベーションジャパン2016にて遠山先生が出展いたします.9月7日(水)~9日(金)に開催される日本セラミックス協会第29回秋季シンポジウム【広島】にて遠山先生が「コンクリート廃材と二酸化炭素から組成傾斜型炭酸カルシウム球状中空粒子の作製」という表題で招待講演をします.9月21日(水)~23日(金)に開催される日本鉄鋼協会第172回秋季講演大会【大阪】において遠山先生が「二酸化炭素を利用した製鋼スラグからのカルシウムの溶出挙動」という表題で発表します. 9月25日(日)~28日(水)に開催されるThe 9th International Symposium on Inorganic Phosphate Materials (ISIPM-9)【南大沢】において,La Rochelle大学の中森さんが「Dielectric Properties of B3IIMIII(PO4)3(B = Ca, Sr, Ba; M = Y, Bi)」という表題で発表します.10月3日(月)~7日(金)に開催されるThe 4th International Conference on Competitive Materials and Technology Processes【ハンガリー,ミシュコルツ】において,遠山先生が基調講演をします.