物質応用化学科

日本大学理工学部


グローバルな視野に立ち、ユニークな思考力を発揮できる化学技術者の育成

Find Out More

ニュース


【イベント報告】オープンキャンパスが開催されました

2017年9月2日

8月5日(土)・6日(日)に船橋校舎14号館にてオープンキャンパスが開催されました。

今年は「七宝焼きを作ろう!」「物質が持つエネルギーを体感しよう!」「DNAストラップを作ろう!」「金属樹の成長を見てみよう!」「アロマスプレーを作ろう!」「あなたの知らない化学の世界とカラーイリュージョン」「わたあめを作ろう!」「不思議な粉で氷を作ろう!」「オーロラ高分子を作ろう!」「身の回りの発光物質」の10テーマのミニ実験を行いました。

また、青山忠准教授による「有機化合物の構造はどうやって決める」、および鈴木佑典准教授による「バイオ医薬品への期待と現状」と題したミニ講義を行いました。

両日で高校生約900名とご家族の方にご参加いただきました。暑いなか、ありがとうございました。

文責:鈴木(広報委員会)


【イベント報告】一日体験化学教室が開催されました

2017年9月1日

7月30日(日)に駿河台校舎2号館・8号館にて一日体験化学教室が開催されました。

今回は「色素増感型太陽電池」「水素と燃料電池」「病気を治す化学」をはじめとする12テーマの実験に高校生67名とそのご両親、引率の先生方など、多くの方にご参加いただきました。また、実験終了後の2号館見学ツアーにも多くの方にご参加いただきました。ありがとうございました。

主催:日本大学理工学部物質応用化学科
共催:日本大学短期大学部生命・物質化学科、日本大学理工学部理工学研究所材料創造研究センター、日本大学理工学部校友会工業化学部会、日本化学会関東支部、高分子学会関東支部

文責:鈴木(広報委員会)


【イベント】オープンキャンパスが開催されます

2017年7月20日

8月5日(土)、6日(日)に船橋校舎にてオープンキャンパスが開催されます。

物質応用化学科では、14号館4階1444教室にて独自プログラムを行います。「七宝焼きを作ってみよう」、「DNAストラップを作ってみよう」をはじめ、多くのミニ実験を行う予定です。実験を通して化学の楽しさに触れてみてください。

また、以下のミニ講義を14号館1434教室で両日11:20〜11:50、14:20〜14:50に開催します。奮ってご参加ください。
「バイオ医薬品への期待と現状」 櫛泰典教授
「有機化合物の構造はどうやって決める」 青山忠准教授

オープンキャンパスの詳細はこちらをご覧ください。


【イベント報告】駿河台入試フォーラムが開催されました

2017年7月20日

7月9日(日)に駿河台校舎1号館にて駿河台入試フォーラムが開催されました。

今回は、栗原清文教授による「化学工学、その成り立ちと最前線」と題したミニ講義や、「分子の発光を操る」、「あなたの知らない化学の世界とカラーイリュージョン」などのミニ実験、そして物質応用化学科の施設・設備を見学するツアーなど多くの催し物に多くの方に御参加頂きました。暑い中、ありがとうございました。

文責:鈴木(広報委員会)


【募集】生命系分野教員募集(助教)

2017年7月5日

生命系分野教員の募集をしております。詳細は下記公募要綱を参照ください。
生命系分野教員公募要綱(助教)


【受賞報告】越智健二名誉教授が瑞宝小綬章を受賞

2017年5月2日

4月29日(土)に本年度の春の叙勲の発表が行われましたが、そのなかで越智健二名誉教授が瑞宝小綬章を受賞されました。おめでとうございます。


【行事報告】新入生オリエンテーションが開催されました

2017年5月1日

物質応用化学科では新入生を迎え、学生間ならびに学生と教員間の懇親を深めることを目的として、4月14日(金)、15日(土)の2日間、軽井沢の日本大学軽井沢研修所にて新入生オリエンテーションを行いました。両日ともに天候に恵まれ、新入生と引率教員合わせて約220名がバス6台に分乗し、軽井沢研修所へ向かいました。

軽井沢研修所に到着後、教員と先輩の大学院生・4年生の自己紹介ならびに卒業に向けての履修計画についての説明が1年生クラス担任よりありました。

夕食後は「物質応用化学ワークショップ」と題して、教員と先輩の大学院生・4年生が「履修計画・履修相談」「大学での勉強方法」「進路(進学・就職)」「卒業研究、研究室での生活」「先生・先輩と話そう」のブースに分かれて、教員や先輩の学生が新入生からの質問に答えたりしました。また、その後の懇親会では、新入生同士ならびに新入生と教員・大学院生・4年生で懇親を深めました。

翌日は旧軽井沢や軽井沢アウトレットショップへのツアーに参加したり、研修所のグラウンドでスポーツをして過ごしました。

新入生は2日間、とても楽しそうに過ごしている印象を持ちました。また、多くの友達を作ることができたようです。新入生は順調な大学生活のスタートを切ったようです。これからの4年間が充実したものになることを願ってやみません。

文責:浮谷、谷川(1年生クラス担任)


【イベント】一日体験化学教室

2017年4月24日

本日より平成29年度一日体験化学教室の募集を始めました。7月30日(日)12時~17時の開催予定です。実験テーマは決定次第こちらにUPする予定です。

お申し込みは日本大学理工学部オープンラボよりお願いします。皆様のご参加をお待ちしております。


【受賞報告】博士前期課程1年の加藤真洋君(超分子化学研究室)が「Student Poster Award 1st place-solid state」を受賞

2016年10月25日

2016年10月2日~7日にアメリカ・ホノルルで開催されたPACIFIC RIM MEETING ON ELECTROCHEMICAL AND SOLID-STATE SCIENCE (PRiME 2016,日本語名:環太平洋電気化学会議)において、博士前期課程1年の加藤真洋君(超分子化学研究室)が「Synthesis and Evaluation of Heat-Resistant Silver-Platinum Alloy Nanoprisms for Application in Cancer Therapy and Imaging」という題目でポスター発表を行い、「Student Poster Award 1st place-solid state」を受賞しました(写真、右から3番目)。

当該会議は、電気化学会、米国電気化学会、韓国電気化学会の共催(後援:中国電気化学会、王立オーストラリア化学会、応用物理化学会ほか)による、参加人数が3,000人を超える一大世界大会です。

受賞の詳細は下記のページでご覧いただけます。
http://bit.ly/2eAptiJ


【イベント】理工学部ホームカミングデーのご案内

2016年9月30日

このたび卒業学科等の枠を超えまして、学部・大学院・短大の卒業生・修了生が一同に会して絆を深める場として「ホームカミングデー」を下記の通り開催する運びになりました。

今年度は理工学部祭「桜理祭」の最終日にあたる11月5日(土)に船橋キャンパスに卒業生の皆さまをお迎えいたします。また、校友である千歳喜弘氏(日立マクセル株式会社代表取締役社長)および塚本新氏(電子工学科教授)を講師とした「公開市民講座」を同時に開催し、合わせて学生を主体としたモノづくりにチャレンジする「未来博士工房」の研究施設公開も開催いたします。未来博士工房は、校友会も積極的に支援している新しい教育プログラムであり、本年度の鳥人間コンテストで優勝した人力飛行機チームにも参画しております。今回は優勝した機体の一部を当日の施設公開の際に展示する予定にしており、祝勝セレモニーも開催いたします。もちろん旧交を温め、新たな親交を気づくための懇親会も企画しています。

皆様お誘いの上、是非お越しくださいますようご案内申し上げます。

日時:平成28年11月5日(土)10:00〜17:30
会場:理工学部船橋キャンパス
Googleマップ:https://goo.gl/maps/ChJJEPqS1Hx

桜理祭・懇親会などの詳細は、以下のPDFファイルをご参照ください。
ホームカミングデーのご案内

お問い合わせ
理工学部庶務課 03-3259-0514 pub あっと cst.nihon-u.ac.jp
理工学部校友会事務局 03-3259-0650 almni あっと koyukai-cst-nu.jp
(「あっと」は半角「@」に変換してください)


【受賞報告】博士後期課程3年の平戸祐喜君(環境微生物学研究室)がBest Presentation Award (優秀発表者)を受賞

2016年9月30日

2016年9月9日~10日に東邦大学で開催された日本生物高分子学会2016年度大会において、博士後期課程3年の平戸祐喜君(環境微生物学研究室)が「緑藻由来D-スレオニンアルドラーゼの酵素学的諸性質と結晶構造」という題目で口頭発表を行い、Best Presentation Award (優秀発表者)を受賞しました(写真、右から2番目)。

受賞の詳細は下記のページでご覧いただけます。
http://www.jsb.gr.jp/pg348.html


【イベント】一日体験化学教室に応募していただいた皆様へ

2016年7月8日

7月31日(日)開催の一日体験化学教室にお申込みいただいた皆様に、実験の希望テーマの申し込み案内のメールまたはハガキを送付いたしました。

メールでご連絡の方は7月11日(月)までに、ハガキでご連絡の方は7月13日(水)までにご返信ください。

連絡が未着の場合にはご面倒ですが、以下のメールアドレス宛にご連絡ください。よろしくお願いいたします。

info あっと chem.cst.nihon-u.ac.jp(「あっと」は半角「@」に変換してください)


【イベント】一日体験化学教室の申し込み締め切りは7月4日(月)です

2016年6月23日

7月31日(日)開催の一日体験化学教室の申し込み締め切りは7月4日(月)です。今年も内容もりだくさんで皆さんの応募をお待ちしております。是非、大学の先生や大学院生と一緒に化学実験を行い、1日化学者となって、化学の新しい世界とその魅力について体感してください。

開催日時:平成28年7月31日(日) 12:00〜17:00

会場:日本大学理工学部駿河台校舎2号館
Googleマップ:https://goo.gl/maps/iZvsA

対象:高校生(専門学校生、予備校生、引率の先生も歓迎)

実験テーマ

【材料化学分野】

・分子を切って,またつなぐ ~プラスチックの分解と重合~

・生活を支える蛍光体 ~無機蛍光材料の合成~

・色素増感型太陽電池 ~光合成のメカニズムで太陽電池を作る~

【環境化学分野】

・エッセンシャルオイルの抽出 ~蒸留技術を応用して~

・脂身からエコ燃料 ~動物油脂からのバイオディーゼル燃料製造~

・水素と燃料電池 ~未来のエネルギーを作る・貯める・使う~

【生命化学分野】

・パン酵母による砂糖の分解 ~酵素とコカ・コーラゼロの関係とは~

・肌を白く保つには ~天然美白剤のチロシナーゼ阻害活性~

・細胞膜を作ってみよう ~医薬・化粧品に応用されるリポソーム~

お申し込みは日本大学理工学部オープンラボよりお願いします。皆様のご参加をお待ちしております。

一日体験化学教室フライヤー
一日体験化学教室フライヤー

【受賞報告】当学科の角田雄亮助教が、プラスチックリサイクル化学研究会の研究進歩賞を受賞しました

2016年6月22日

当学科資源利用化学研究室の角田雄亮助教がプラスチックリサイクル化学研究会(FSRJ)において平成27年度FSRJ賞の研究進歩賞を受賞し、2016年6月17日に早稲田大学で開催された平成28年度プラスチックリサイクル化学研究会総会で表彰されました。おめでとうございます。

平成27年度FSRJ賞の選考結果
http://bit.ly/28MJ3Cg


当学科1年の桐生莉沙さんが、「第49回東日本学生トランポリン選手権大会」においてシンクロナイズド競技決勝【Aクラス女子の部】で優勝しました

2016年6月20日

当学科1年生の桐生莉沙さんが5/29に行われた第49回東日本学生トランポリン選手権大会(東日本インカレ)に日本大学から男子2人・女子2人の計4人で出場し、トランポリンシンクロナイズド競技決勝Aクラス女子で優勝しました。おめでとうございます!

桐生さんより以下のコメントをいただきました。「全日本インカレに向けて良い結果が残せるように邁進していきます!」

桐生さんは今回の成績により全日本インカレに出場決定しました。第51回全日本学生トランポリン競技選手権(全日本インカレ)は8/19~21(秋田県大館市)に開催とのことです。応援のほどよろしくお願いいたします。(写真は左から桐生さん、シンクロ競技でペアを組んだ文理学部の小林さん)


【行事報告】新入生オリエンテーション

2016年4月20日

物質応用化学科では新入生を迎え、学生間ならびに学生と教員間の懇親を深めることを目的として、4月15日(金)、16日(土)の2日間、軽井沢の日本大学軽井沢研修所にて新入生オリエンテーションを行いました。両日ともに天候に恵まれ、新入生と引率教員合わせて約240名がバス6台に分乗し、軽井沢研修所へ向かいました。

軽井沢研修所に到着後、教員と先輩の大学院生・4年生の自己紹介ならびに卒業に向けての履修計画についての説明が1年生クラス担任よりありました。

夕食後は「物質応用化学ワークショップ」と題して、教員と先輩の大学院生・4年生が「履修計画・履修相談」「大学での勉強方法」「進路(進学・就職)」「卒業研究、研究室での生活」「先生・先輩と話そう」のブースに分かれて、教員や先輩の学生が新入生からの質問に答えたりしました。また、その後の懇親会では、新入生同士ならびに新入生と教員で懇親を深めました。

翌日は旧軽井沢や軽井沢アウトレットショップへのツアーに参加したり、研修所のグラウンドでスポーツをして過ごしました。

新入生は2日間、とても楽しそうに過ごしている印象を持ちました。また、多くの友達を作ることができたようです。新入生は順調な大学生活のスタートを切ったようです。これからの4年間が充実したものになることを願ってやみません。

文責:伊掛、浮谷(1年生クラス担任)


【イベント】一日体験化学教室の実験テーマが決定しました

2016年4月14日

7月31日(日)開催の一日体験化学教室の実験テーマが下記の9テーマに決定しました。

【材料化学分野】

・分子を切って,またつなぐ ~プラスチックの分解と重合~

・生活を支える蛍光体 ~無機蛍光材料の合成~

・色素増感型太陽電池 ~光合成のメカニズムで太陽電池を作る~

【環境化学分野】

・エッセンシャルオイルの抽出 ~蒸留技術を応用して~

・脂身からエコ燃料 ~動物油脂からのバイオディーゼル燃料製造~

・水素と燃料電池 ~未来のエネルギーを作る・貯める・使う~

【生命化学分野】

・パン酵母による砂糖の分解 ~酵素とコカ・コーラゼロの関係とは~

・肌を白く保つには ~天然美白剤のチロシナーゼ阻害活性~

・細胞膜を作ってみよう ~医薬・化粧品に応用されるリポソーム~

お申し込みは日本大学理工学部オープンラボよりお願いします。皆様のご参加をお待ちしております。


【イベント】一日体験化学教室

2016年4月1日

本日より平成28年度一日体験化学教室の募集を始めました。7月31日(日)13時~17時の開催予定です。実験テーマは決定次第こちらにUPする予定です。

お申し込みは日本大学理工学部オープンラボよりお願いします。皆様のご参加をお待ちしております。


ホームページをリニューアリュしました

2016年4月1日

ホームページをリニューアリュしました。

Copyright © 2016 Nihon University, All Rights Reserved.